KUROJIRU(黒汁)の効果的な飲み方!スリムになるための飲み方とは?

KUROJIRU(黒汁)の効果的な飲み方!スリムになるための飲み方とは?

KUROJIRU(黒汁)を飲めば簡単に痩せられると言っても、できるだけ効率よく飲みたいですね。
1秒でも早くスリムになれた方が良いにきまっているじゃないですか(笑)

ですので何も考えずに飲むのではなく、少しでも効率の良い飲み方を探しました!

どのようにKUROJIRU(黒汁)を飲むのが効果的なのかを徹底検証しましたので、これからのダイエットに役立てば幸いです☆

KUROJIRU(黒汁)の効果的な飲み方

KUROJIRU(黒汁)で効果的に痩せる
KUROJIRU(黒汁)はどのように飲むのが効果的なのでしょうか?
KUROJIRU(黒汁)の効果的な飲み方を調べました。

食事を置き換える

KUROJIRU(黒汁)は食事と置き換えて飲みます。
いわゆる置き換えダイエットですね。

KUROJIRU(黒汁)の公式サイトでも紹介されていた飲み方ですが、結構効果的なので再度チェックしておきましょう。

単純に食事を置き換えれば、その分のカロリーを減らせるので痩せられます。
しかしKUROJIRU(黒汁)の場合は老廃物を吸着して排出を促す働きがあります。

ですので食事を置き換えると、KUROJIRU(黒汁)のデトックスを邪魔する物質が体内に無い状態ですので、より効果が高まるんです。

カロリーカットは思いついても、デトックス効果は盲点だった人も多いでしょうね(笑)

ちなみにデトックスで体内の老廃物が無くなれば、細胞の働きが良くなりますので、結果的に代謝が上がって痩せやすくなります。

内臓の働きは基礎代謝に繋がりますので、何もしなくても痩せやすくなると言うわけですね。

水をたくさん飲む

水をたくさん飲みましょう。
老廃物を排出するには水分が大切です。

KUROJIRU(黒汁)で吸着するとは言え、体内に十分な水分がなければスムーズに排出できません。

「水を飲むと体重が増える」と言って飲まない人がいますが、それは逆効果です。
そもそも飲んだ水の重さが増えるのは当たり前ですし、排出されれば減るので気にする必要はありませんよ。

むくむ可能性も考えられますが、結局むくみは老廃物が蓄積した状態です。
ですので水を飲んだ方が早く痩せられます。

1日1.5リットルを目標に飲むと良いでしょう。
ただし水分ではなく【水】ですので、ジュースやお茶で1.5リットルを目指すのはやめましょう。

わざわざ無駄なカロリーを摂取する必要はありません。

KUROJIRU(黒汁)を飲んだ直後だとKUROJIRU(黒汁)の吸着効果が薄まってしますので、数時間空けてから飲むと良いでしょう。

運動量を増やす

運動量を増やして消費カロリーを上げましょう。
KUROJIRU(黒汁)には代謝を高める働きがあります。

ですので運動をすれば、以前よりも脂肪を燃焼しやすいのです。
どうしても運動が面倒な人はストレッチでもOKです。

ストレッチをすれば巡りが良くなりますので、代謝アップに繋がります。

運動の目的はカロリー消費だけではなく、巡りを良くする目的もあります。
KUROJIRU(黒汁)の代謝アップ効果を利用して、効率よく痩せましょう。

運動をして筋肉が増えれば、消費できるカロリー量も多くなります。
筋肉が増えると体重も増えそうなイメージですが、体重が増えるほど筋肉をつけるのは簡単なことではありません。

そんな量を簡単に付けられるならアスリートやスポーツ選手は誰も苦労していませんから…。
「ジョギングしたら県のマラソン大会で優勝しちゃう!」って言っているのと同じくらい有りえません。

ちなみに筋肉量を増やせばリバウンドしにくくなります。
消費カロリーが多くなりますので、カロリーを気にせず食事できるようになるメリットもありますよ☆

食事量を減らす

食事量を減らして摂取カロリーを抑えましょう。
KUROJIRU(黒汁)と置き換えれば簡単に摂取カロリーを減らせますが、もう少しダイエット効率を上げる方法があります。

それは胃を小さくすることです。
食事量が減れば自然に胃が小さくなります。

KUROJIRU(黒汁)と置き換えない食事を満腹まで食べていませんか?
胃は伸縮自在ですので、満腹まで食べていたら胃が大きくなります。

そんな状態でKUROJIRU(黒汁)を飲まなくなったら…?リバウンドする未来しか待っていませんよね。
ですので食事量を少しずつ減らすことをオススメします。

胃が小さくなれば、満腹まで食べても1食あたりの摂取カロリーは少なくなりますので、リバウンドしにくくなります。

また一番注意したいのは「置き換えてカロリーを抑えているから」「KUROJIRU(黒汁)を飲んでいるから」と言って高カロリーな食事をすることです。

せっかくカットしたカロリーを他の食事で補ってどうするんですか。結構いますよこのミスする人。
KUROJIRU(黒汁)を飲んでいるから沢山食べても大丈夫?そんなわけないじゃないですか。

…まぁこれは私がやらかしたミスなんですけどね。
旦那にズバッと今のセリフを言われて考えを改めました。

KUROJIRU(黒汁)を飲むタイミング

KUROJIRU(黒汁)を飲むタイミングで悩む
KUROJIRU(黒汁)は食事と一緒に飲むのがオススメです。
KUROJIRU(黒汁)の吸着力効果を考えると、一緒に飲んだ方が余分なカロリーが身体に吸収されるのを防ぎやすいです。

また食事と一緒であれば、

  • 飲み忘れを防止しやすい
  • 飲み切る前に味に飽きない

と言ったメリットもあります。

置き換えダイエットに慣れていない人は、KUROJIRU(黒汁)を食事と一緒に飲みながら量を少しずつ減らしていくと良いでしょう。

KUROJIRU(黒汁)は水以外に溶かさない方が良い

KUROJIRU(黒汁)を水以外に溶かすのはお勧めしません。
と言いますのも、KUROJIRU(黒汁)に含まれる成分の吸収率が落ちるからです。

水以外に溶かせば、消化する行程が増えます。
落ちると言っても気にするほどでは無いと思いますが、効率面で考えると下がっていることを把握しておいた方が良いでしょう。

KUROJIRU(黒汁)に吸着させて油分の吸収を抑えたいのであれば別ですが、そうでない限りは避けた方が良いと思います。

KUROJIRU(黒汁)で効率よく痩せるためには、KUROJIRU(黒汁)の効果を最大限に発揮する飲み方をするのが効果的です。
どんな飲み方をすればKUROJIRU(黒汁)の働きを活かせるか、KUROJIRU(黒汁)の効果はなんなのかを具体的に突き詰めて行けば、おのずと効果的な飲み方に辿り着きます。

思いつかない人は、まずは毎日飲む・1食置き換えて飲むことから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です